ところで、子宮の働きは収縮することであり、分娩予定日のころ、子宮が胎児からの信号をキャッチして収縮するのが陣痛です。本来、陣痛が起こってはならない妊娠中期に子宮が収縮すれば、胎盤の血液プールの容量が小さくなって、ダムの底が水をついてしまいます。

植物でもそうですが、生物の急速な発育のなぞは、ホルモンの作用と思われます。急速に発育する胎児も自ら盛んにホルモンを作っています。ところが、母体になんらかのストレスが加わり、そのストレスが胎児へと及びますと、胎児は敏感に反応して自らの発育に必要な量以上のホルモンを分泌します。胎児がつくるホルモンの中で、酸素不足になると著名にその量が増えるのがバゾプレシンで、このホルモンは子宮や動脈を強力に収縮させます。

プールの水量はプールへ水を入れる水道の蛇口(動脈)をしめればなくなってしまうことを考えてください。ストレスによって増える胎児のホルモンは、子宮や動脈を収縮させ、プールの水量を減らす危険があります。

やや難しい話でしたが、本来、子宮が収縮してはならない妊娠中期に子宮が収縮し、胎盤血液プールの血液量が減少することが、妊娠中毒症(高血圧)の発症原因のひとつであることの可能性が、ご理解いただけたことと思います。


ホームドクターすこやかに”愛知県医師会編 1993年9月1日毎日新聞社発行の分担執筆妊娠中毒症から編集