現在世界で、妊婦への硫酸マグネシウムの使用の結果がもたらす、胎児への影響に警告を発しているのは、米国イリノイ州のラヨラ大学の産婦人科教授のミッテンドルフ先生のみです。ミッテンドルフ先生は、硫酸マグネシウムを投与された妊婦では、胎児の脳室内出血や周産期死亡が増えると1997年ころから多数の論文を発表して、妊婦への硫酸マグネシウムの使用への警告をしておられます。

 

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。