ドクター水谷のお産講座

ドクター水谷のお産講座 NO7

今回は産科のお薬について書いてみました。読者の皆さんは日本で使われているお薬はいったいどれぐらいあるかご存知でしょうか?



・・・続きは会員限定です。
また、理事長の著書
妊娠中毒症と早産の最新ホルモン治療には、今回の記事の内容が詳しく書いてあります。ぜひ一度ご覧下さい。
アマゾンからお買い求めいただけます。ご購入はちらからどうぞ。






続きを読む

ドクター水谷のお産講座 NO6

PLAPの会の皆様、そしてこのホームページをご覧の皆様、本NPOは皆様のご支援で満1年目を迎えることができました。 そして本年3月6日、女性健康週間にNPO総会を開催し、会員の方々をはじめ製薬関係企業代表の方々、本会理事の方々もお忙しい中ご参加を賜りました。皆様方に厚くお礼申し上げます。

さらに本年は新しい政権が発足し、日本と世界の経済が好転し私たちの生活に安心と希望がさらにみなぎるようになっていくことを期待しています。

 

昨年までの私どものNPO法人の活動は、お産とお産の薬についての情報提供をホームページを介して行ってまいりました。これに伴って、私どものホームページを一新し、より見やすくすると同時に外国の方々も閲覧できるようにいたしました。

会員数は外国の先生も含めてゆっくりしたペースで増え、法人会員様も1社参加していただきました。また、講演会もダイヤビル内で働く方々を対象に行い、多数参加していただきました。

 

昨年の目標であった「妊娠中毒症と早産の最新ホルモン療法」と題した本がNPO総会に合わせて出版いたしました。NPO理事の南 龍寿氏が2年近く費やして原稿の執筆をサポート頂いたお陰です。心から感謝申し上げます。私どもの「安全・安心なお産薬」の考え方を広く一般へ伝達していくために、今後はできるだけ広く読者の方々へご提供していきたいと考えております。なおこの本は、アマゾンを通じて購入いただけます。たいへん読み易いばかりでなく、今の産科医療の重要な問題点を私なりに提起し解決法を示した力作と自負しております。

 

 

NPOの3つの目的、つまり、1)妊娠高血圧症候群と早産の知識の普及、2)女性ホルモン療法による妊娠高血圧症候群と早産の治療の普及、3)胎盤酵素の製剤化への環境作り、については、とくに1番目と2番目の目標は昨年から引き続いて活動を行い、本の出版に加えて、治療についての小冊子を作りました。さまざまな医療に従事されている方々を通じてこれを普及していきたいと思います。一番ハードルが高く難しい3番目の目標については、時間はかかりますが地道に継続して訴えていくしか方法はないと考えております。

 

「お産の安全性」に関する認識と啓蒙は日本の将来にとってもたいへん重要なものですから、産科医師として私自身のライフワークとして今後も全力で取り組んでいきたいと思います。

 

今回のお産講座はNPO活動のオーバービューで紙面を取ってしまいましたが、最後に海外の情報から一つご紹介します。続きを読む

ドクター水谷のお産講座 No.5

 今回のテーマは「バーカー仮説」についてです。

 長年にわたる私の医学研究のなかで、大きな柱のひとつは「胎児の正常な発育とそれを乱すもの」という課題です。

 

続きを読む

Idiopathic dilated cardiomyopathy in infant . 「小児拡張型心筋症」について Lecture on pregnancy by Dr. Mizutani,ドクター水谷のお産講座No4

 No4 lecture: Idiopathic dilated cardiomyopathy in infant


 Idiopathic dilated cardiomyopathy in infant is very difficult name to understand the disease. In brief, the heart does not work due to the damage of its muscle and then the heart does not push out the blood into the vessels. Therefore blood
circulation in the body does not work properly. Idiopathic dilated
cardiomyopathy is one of the serious heart diseases.

It is even more serious problem if this disease occurred in the baby. The heart
disease in baby means that the baby cannot live long and the whole life of the
baby will be affected by the disease. Although the etiology of this disease is
still unknown, the disease is identified after the happy birth possibly the damage
of heart muscle during fetal life. Recently as known that obstetricians are
able to monitor the fetus by 4 D echo in the uterus. However the disease is
identified after birth suggesting that fetal life is very important for this disease.
 In other words any medications during pregnancy should be considered in
relation to the possible effects on the fetal heart.


 Drugs used in pregnancy for the treatment of preeclampsia and preterm labor
are known to have toxic effects on fetal (pup’s) heart muscle. They are both
beta-2 stimulant such as terbutaline an ritodoline and magnesium sulfate.
Both drugs are known to be toxic to the pup heart.
 Last year, FDA prohibited the use of terubutaline (beta-2 stimulant) more than
 72 hours for treating preterm labor because of the risk of possible toxic effects
on maternal heart. We are concerned about the negative effects of beta-2
stimulant on fetal heart, since the drug can easily cross over placenta and reach
to the fetus.
 The needs of treatment for preeclampsia and preterm labor obliged us to use
both drugs. Without the use of both drugs we are not able to treat both
preeclampsia and preterm labor and to save the fetus. Obstetricians are in
a dilemma for saving the lives of both mother and fetus simultaneously in
this acute disease conditions.


 From 1970s obstetricians started to use intensively beta-2 stimulants and
from 1990 magnesium sulfate for the treatment of preterm labor.

For preeclampsia, the use of magnesium sulfates started much earlier.
Since both drugs easily cross over placenta and reach to the fetus,
the harmful effects of these drugs on neonatal heart cannot be
underestimated. The neonatal exposure of the drugs in uterus might have
resulted in the development of serious heart disease, namely idiopathic
dilated cardiomyopathy in infant.

 The transplantation of heart is the most effective for the treatment of
idiopathic dilated cardiomyopathy in infant. The advancement of heart
surgery including immunosuppressive drugs and environment of human
organ donor system has recently contributed to the increased number of
infant heart transplantation practices. (Fig1).


 This is good news for both mother and infants of idiopathic dilated
cardiomyopathy. However we must ask ourselves why such infants of
the case have increased recently.

 It is an urgent needs to develop an ideal drug for the treatment of
preeclampsia and preterm labor for the sake of saving the life and
health of mother and her babies .


Fig1 Number of infant heart transplantation by year by age group (world total)



no4図







International Society for Heart Transplantation registry 2011


##Hokegard KH et al. (1979) ECG –changes in the fetal lamb during asphyxia in
relation to beta-adrenoreceptor stimulation and blockade .
Acta Physiol Scand 105:195-203.

Ishii M et al.(2009) The effect of recombinant aminopeptidase A(APA) on
hypertension in pregnant spontaneously hypertensive rats(SHRs).
Early Hum Develop85:589-594.
##Mizutani S et al.(2011) A new approach regarding the treatment of
preeclampsia and preterm labor. Life Sci88:17-23.




今回のテーマは「小児(しょうに)拡張型(かくちょうがた)心筋症(しんきんしょう)」についてです。

 小児(しょうに)拡張型(かくちょうがた)心筋症(しんきんしょう)というたいへん難しい名前の病気は、平たく言うと、心臓の筋肉がダメージをうけて正常に動かなくなり、心臓が血液を送り出すときに正常に働かず血液循環がうまく機能しなくなることです。つまり重症の心臓病です。

 

続きを読む

ドクター水谷のお産講座 No3

 今回のテーマは「低出生(ていしゅっしょう)体重児(たいじゅうじ)」についてです。

低出生(ていしゅっしょう)体重児(たいじゅうじ)とはその名前のとおり小さい赤ちゃんのことです。昔、「小さく生んで大きく育てる」という考え方がもてはやされ、小さい赤ちゃんを楽に産んであとから栄養をたっぷり与えて大きく育てようというものでした。

 その頃、イギリスのある有名な産婦人科医が小さく産まれた赤ちゃんのその後の成長を克明に調べました。そうすると、成長してから糖尿病、脂質異常、心臓病、発達障害、などが多いことがわかってきたのです。

 



続きを読む
最新記事
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ